靭界隈。回らない幸せ。


今日は『Chef む田』 というお寿司屋さんに行った。

ここは以前、「魔法のレストラン」で
ハイヒール・モモコと寛平に紹介されていたお店。

テレビを観て、回らないお寿司、しかも
とびっきり美味しいお寿司が無性に食べたくなった。
そして、そこの電話番号が出てきたと同時に予約した。


まだ開店して3ヶ月ほどの新しいお店。
カウンターの白木の香りが優しく迎えてくれた。

カウンターの席につくと、
わさびのツーンとするニオイに食欲がそそられる。

しめじのピーナッツ和え、ホタテとキュウリの酢味噌和え、なめこ の付出しに始まり
平目、明石だこ、鯵のお造りが次々に出てきた。

全部天然もので、養殖のものは他にニオイが移ってしまうから置いてない。

厳選された素材に、丁寧に包丁を入れる大将。



そして、お寿司。

白身のお魚から順に出てくる。

お寿司の中でも
カワハギ(肝のせ)、あわび、穴子が特に好きだった。

穴子は、竹の葉に包んで炭火で焼く。
タレか塩かを選べるんやけど、どっちもフワフワでほくほく。

穴子より穴子だったんじゃないかと思う。


どれもほんとに美味しかった。




カウンターなので、大将や板前さんとのお話もおもしろい。

色々な話をした。

住んでいるところの話、お寿司屋さんの値段の付け方の話、
お寿司の食べ方の話、美味しいお店の話。

大将と、お客さんとして来るフレンチのシェフの話になり、
そのシェフのお店を紹介してもらった。

今度はそこに行くことになった。




たまには贅沢もいいもんだ。



何の欲に対して贅沢をするか。

わたしは食欲に対しての贅沢がいいと実感した。


幸せ。
[PR]

by an_omnivorous-yum | 2006-01-28 23:50 | ■食ッチャネー飲マ飲マ  

<< 巻き髪率80%。 前髪。 >>